自分のための旅をしよう

【2月23日〜3月24日】マツモト建築芸術祭2024 開催!

【2月23日〜3月24日】マツモト建築芸術祭2024 開催!

当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。
また、まとめサイト等への引用を厳禁いたします。

「マツモト建築芸術祭 2024 ANNEX」が始まります!

第3回「マツモト建築芸術祭 2024 ANNEX」が、 2024年2月23日(金)から3月24日(日)まで、31日間の日程で開催されます。
今年の芸術祭のサブテーマは「消えゆく名建築 アートが住み着き 記憶する」
松本城に隣接する旧松本市立博物館をメイン会場として開催予定です。

芸術祭には旧市立博物館など市内の各会場に、ドイツ出身の写真家カンディダ・ヘーファーさんや、松本市出身の広告写真家白鳥真太郎さんら、15組前後の気鋭のアーティストが作品を展示する予定です。

本イベントは、旧松本市立博物館が取り壊し前に開催される最後のイベントとなります。
ぜひ、失われゆく〈名建築〉の最後の姿とアートの共演を記憶してください。

旧松本市立博物館 長野県松本市
マツモト建築芸術祭のメイン会場となる旧松本市立博物館。
出典:松本観光コンベンション協会
松本市立博物館 新松本市立博物館 長野県松本市
2023年10月7日開館の松本市立博物館。建築芸術祭の会場のひとつ。
長野県松本市 信毎メディアガーデン
信毎メディアガーデンも建築芸術祭の会場です。

マツモト建築芸術祭2024 ANNEX
「消えゆく名建築 アートが住み着き 記憶する」

開催日程
2024年2月23日(金) ~ 3月24日(日) 31日間
開催場所
旧松本市立博物館(メイン会場)・新松本市立博物館1F・信毎メディアガーデン
入場料
一般 2000円、高校生・大学生 1500円、中学生以下無料(メイン会場)
新松本市立博物館 1F・信毎メディアガーデン:入場無料
HP
https://maaf.jp
SNS
  • X(旧Twitter)
  • Facebook
  • Instagram

こちらの記事もおすすめです↓

おわり

最後までご覧いただきありがとうございました!

この記事のシェアや保存を簡単に行えるよう、ショートカットをご用意しております!ぜひご活用ください!

ソロトリがおすすめする記事

もっと記事を見る
PAGE TOP